釘確認シート導入で釘調整が一切できなくなる!?違法釘調整の秘密兵器

4月1日納品分以降のパチンコ新台から「釘確認シート」なるものが導入されます。

先日ホールに届いたFAXでの通達がこちら。

画像では分かりにくいかもしれないので、同じ内容を伝えている遊技通信webに載っていた記事がこちら。

日工組は3月9日、ホール5団体に対して「流通制度における遊技くぎの点検確認について」を通知し、4月1日以降に設置される新たな型式のパチンコ機において、新台設置確認及び部品交換時の点検確認を行う際には、遊技くぎの目視点検を補助する「くぎ確認シート」等の器具を使用すると連絡した。昨年4月から開始されている新流通制度のより適切な運用を図るためだという。

くぎ確認シートは、盤面にかざすことで遊技くぎの位置が確認できる透明シートで、新台設置時、各メーカーからホールに配布され、その後もホールが保管する。具体的な運用や取扱方法については、当該メーカーから説明が行われる。

遊技くぎの確認作業については、3月の時点で複数のメーカーが新台設置時、遊技くぎの位置が記された透明素材のシートを使用し納品時の状態を確認していた。4月以降はこの取り組みが日工組の全メーカーによるものとなる。

これを受けて全日遊連では3月10日、都府県方面遊協に対して日工組からの連絡事項を文書で通知。点検確認の要点を整理して連絡するとともに、現時点では遊技くぎの目視点検の補助ツールが、くぎ確認シートのみであることを伝えた。

(遊技通信webより引用)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

実際にはどうやって使うのか

要するに「釘確認シート」とは、新台納品時(検定通過時と同じ)の釘調整が透明なフィルムにプリントしてあり、それをパチンコ盤面に重ねることで違法な釘調整をしていないかを確認するための物です。これを使えば、釘調整に関する知識がなくても、新台納品時から釘の位置が変わっていることが一目でわかります。

ぼくはメーカーに実際の釘確認シートの現物を見せてもらいましたが、盤面全体を確認できるものではありませんでした。

ヘソ釘周り、一般入賞口周り、ワープ釘周り等、調整される可能性の高い箇所だけが、独立してプリントされていました。(画像は撮れませんでした)

なのでこれを使っても、完全に釘調整ができないかと言われれば、調整してもばれない箇所もあります。そもそも釘調整は0.1ミリ単位で行うものなので、釘確認シートを重ねてにたぐらいでは確認できない範囲で調整することもできます。

しかし、大きくヘソ釘をアケたり、一般入賞口を入り難い形に調整したりすることはできないでしょう。

(3/20追記)メーカーによっては盤面全体の全ての釘を確認できるシートもあるようです。最終的には全メーカーが盤面全体に統一されると思います。

今回の釘確認シートの導入は、メーカーが新台設置確認の際に使用するとのことで、その後はホール保管となっていますが、警察が検査時に「釘確認シートを持ってこい」となる可能性もあり得ると思います。

そんなリスクもあるので、新台初日にヘソ釘がガッパリあいてるってことはなくなると思います。調整されるとしたら、新台2日目以降ということになりますが、いつ警察の立ち入り検査が入るかわからないので非常に危険ですね。

ユーザーに与える影響

新台納品時のまま釘調整をしなかった場合、ユーザーにとって有利かと言えば、必ずしもそうではありません。納品時の釘はホールが赤字になるような調整にはなっていませんからww

スタートは普通に回るくらいで、一般入賞口が甘いのでベースが高めになってる分、少し甘い程度です。

釘調整は悪いことで違法だというイメージを持っている方が多いですし、釘調整の現場を押さえられて逮捕された事例もあります。しかし、ホール側は誰も望んでいないベースアップより、ユーザーの体感できるスタート回転率に還元する調整をしているだけです。

ベースが高いだけで大して回りもせず、イベント時でも調整の変わらないパチンコを誰が望んでいるのでしょうか。

釘調整を規制することは、必ずしもいいことだけではありません。しかもホール運営の観点からも現実的でもはありません。ここまでやるならパチンコにも設定をつけてくれればいいのですがww

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする