時速30000発はホント!?CRカイジ4(高尾)試打感想【スペック、導入日】

導入日は6月4日からで全国30000台予定です。

おなじみのカイジシリーズ最新作ですが、今回は何やらスペックがすごいらしいというので試打してきました。

なんでも時速30000発で初代牙狼と同等レベルだとか…。

この時期にそんな台がホントに登場するならすごいことになりそうですが、実際はどうなんでしょうかねww

スポンサーリンク

スペック

大当り確率 1/319.6
高確率 1/111.9
確変突入率 50%
確変継続率 50%
時短回数 無し
賞球数 4&1&3&12

小当りラッシュ搭載の確変ループ機です。

現時点でメーカーが詳細な資料を公開していない(ぼくも貰えなかった)ため、ネット上に出回っている数値、特に大当り出玉にバラつきがあります。

しかし、この台の本質はそこではないので、細かい数値は気にせずにゲームフローを説明します。

初当りは確変・通常ともに約1300個獲得となり、小当りラッシュ付き超確変or時短も何も無しが各50%となります。まず、ここで確変に入らなければ話になりません。

そして、ここからがポイントなんですが…

大当りの消化は、1R毎に規定カウントまでアタッカーが開放するようなタイプではなく、常にパカパカを繰り返すタイプになっているので、大当り消化スピードとしては若干遅く感じます。

小当りラッシュ性能は電チュー入賞の1/1.01なのでほとんどずっとアタッカーがパカパカしている状態になり、純増スピードはめちゃくちゃ早いです。

つまり、「大当り消化中」と「小当りラッシュ消化中」のアタッカーの動きや純増スピードがほとんど変わらないので、どこからどこまでが大当り中で小当りラッシュなのかがよくわからない仕様になっています。

なので、初当りの時点では、確変だろうが通常だろうが、とりあえず小当りラッシュ(みたいな大当り)が始まり、約1300個獲得が第一分岐点となって、それ以上続けば確変、そこで終われば通常でしたという感じです。

確変中の大当り確率は1/111.9で継続率は50%となり、約2000個+小当りラッシュ継続or出玉なし+時短も無しで即終了となっていてギャンブル性は極めて高い仕様です。

確変中に2000個当りを引くと、無敵状態になるか、なにも演出が起きずにすのまま淡々と、内部的に転落しない小当りラッシュを消化しているように見せるか、どちらかのようです。

前述しましたが、小当りラッシュ中はずっとアタッカーがパカパカしてるので、出玉増加スピードは大当り消化中と変わりません。

ということは、高確率中は1/111.9の50%で通常当りを引くまで、ずっと大当りを消化しているペースで出玉が増えます。

ぼくが試打したときは、「初当り1300個→小当りラッシュ→2000個当り→小当りラッシュ→通常当りで終了」の一連の流れで約5000個を獲得(画面の表示上)するのにちょうど10分程度でした。

よって、出玉スピードだけなら時速30000発はウソではないことがわかりました。

まあ、30000発獲得まで継続させるのは至難の業ですが、可能性としては十分あり得ると感じましたww

試打感想

賛否両論あるスペックですが、ここまで尖った台がこの時期に出てくるとは思いませんでした。

払い出しが途切れないので、出玉スピードだけで言えば、初代牙狼と同等というのも納得できます。

ただ、ここまで伸るか反るかのスペックが市場に受け入れられるかは別問題ですが、勝負にでる(大量導入する)ホールは少なからずあるでしょう。

不安要素は多いですが、普通の新台を買うよりは、よっぽど大化けする可能性があることも確かです。初代牙狼が出た時だって、誰もヒットすると思ってませんでしたからねww

演出面にはあまり期待しない方がいいかもしれません。いつものカイジと何が違うのかわかりませんでしたww

どっちにしろ業界内では話題になっているので、30000台は間違いなく即完売すると思います。どうせなら新筐体とかで出せばもっと売れたかもしれません。

ぼくの予想では大ゴケ確率80%、大化け確率20%ですww

20%なら買わない方がいいと思うかもしれませんが、最近では普通の新台なら限りなく0%ですから、まだカイジの方がワンチャンあります。

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. しらたま より:

    素人な質問で申し訳ありません。
    継続率はともかく、この出玉スピードで検定に通るものなんでしょうか。
    高尾の台は某商事とは別の意味で「ひと味違う」のが多いので楽しみではありますがw

    • gennosuke より:

      試験は実射なので、たまたま出ないこともあります。
      まったく同じスペックを別メーカーで持ち込んで一方は適合、もい一方は不適合となるのは実射試験でどれだけ出たか次第です。
      CRアントニオ猪木が平和ではなくアムテックスなのはそれが理由です。
      また、最近は小当りラッシュタイプと転落抽選タイプが多いのは、そういう意味で適合しやすいと聞いたことがあります。

  2. 名古屋の恥晒し より:

    試打に資料も用意しない、動画撮影カメラもだめ、初めから用意周到だったんや。
    計画犯や。
    厳しい対応が求められる。
    販売に踏み切っても、会社が成り立つ位は、
    直ぐに売れないだろう。
    まあ、パチ業界も客少ないから、1社位たたんでも問題ないがな。

    • gennosuke より:

      社運がかかった機種だったようですが…失った信用が今後どう影響するかですね。