パチスロ闇芝居(ネット)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は9月18日からで全国3000台(レンタル込)予定です。

各メーカーとも5.9号機の残り玉が少なくなってきましたが、今回はネットの闇芝居を試打してきました。

アニメ版権で現在進行形のコンテンツだそうです。

ホラー系というよりは不気味系とでもいうのか、怪しい見た目ですねww

スポンサーリンク

スペック

設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/228 1/280 1/125 97.0%
2 1/228 1/265 1/122 99.0%
5 1/228 1/228 1/114 103.1%
6 1/212 1/212 1/106 107.0%

BIG:MAX311枚

REG:MAX103枚

ベース:27.6~29.5G/50枚

4段階設定の純AタイプでRTなども一切ありません。

通常時のベースが27.6G(設定1)と非常に低く設定されていて、その分ボーナス確率を限界まで高めたスペックとなっています。

設定1でもジャグラーシリーズの設定6と同等のボーナス合算確率となっています。

50G以内のボーナス連チャン率が約33%、100G以内だと約55%もあるので設定1でもそれなりに連チャンに期待できる確率です。

ボーナスはリプレイ、ベルを含む全役重複抽選と単独成立もあるので毎ゲームチャンスはあります。チェリー、スイカに強弱はありません。

通常時のベースを削るのは6号機では難しいので、スペックだけ見ればこのようなAタイプは今後絶対に出てこない台でしょう。

出玉率自体は大したことないですが、設定不問での短時間勝負には最適なスペックですね。

試打感想、PV

演出は3モードから選べ、いずれも不気味な仮面役物が完成すればボーナス確定です。ボーナス成立を察知できなくてもすぐに告知は入ります。

ボーナス消化中は闇芝居のストーリーを全39話から選択して見ることができます。

ストーリーはボーナス消化中だけでは全てを見切ることが出来ないので、通常時に戻ってもストーリーが続きます。たぶん即ヤメを防止するための措置だと思われますが、その間にボーナスを引いてしまうとストーリーのラストが見れないまま終了するので、もう一度最初から見るはめになりますww

ボーナス確率は高いですが、熊酒場のようなハイスペックではないのでホールとしては使いやすそうな台だと思います。

レンタルもあるのでバラエティに1台あってもいいと思います。


ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする