<6号機>島漢しまむすこ(平和)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は1月21日からで25パイ&30パイ同時に導入開始です。

オリンピアの新台「島漢」(しまむすこ)を試打してきました。

ちなみにメーカーが25パイは平和、30パイはアムテックスとなりますが中身は同じです。

5.9号機南国育ちに続いてまたもキュイン系の台ですが、6号機になってどこまでゲーム性が進化しているでしょうか!?

スポンサーリンク

スペック

設定 初当り確率 出玉率
1 1/249.1 97.5%
2 1/215.8 99.9%
5 1/166.9 104.9%
6 1/129.9 110.1%

純増:約4.0枚/G

ベース:約50.3G/50枚

BIG(白7):70G(約280枚)

REG(赤7):30G(約120枚)

天井:600G消化orスイカ3回成立

疑似ボーナスが連チャンするタイプのAT機です。

通常時は全役でボーナス抽選をしているので、まずはひたすらキュインとなるのを待ちます。初当り時はほとんどがREG(赤7)になるようです。

ボーナス後は100GのCZ「ときめき高確」に入り、ここでの連チャンはすべてBIG(白7)になります。

また、33・55・77G到達時には「ときめきゾーン(5G)」に入り、ボーナス当選の期待度が高く、ゾロ目G数でボーナスに当選した場合は1G連チャンの期待度も上がるようです。

内部的には100G以内の当選期待度が高い天国モードやゾロ目G数で当りやすい夢モードなど複数のモードを行ったり来たりしています。

天井は600G消化orスイカ3回成立のどちらか早い方で到達します。スイカ確率は1/480ぐらい?らしいので基本的には600G天井のほうが早いと思われます。

ちなみに、前述したボーナス後の「ときめき高確」は100Gのカウントが起こりますが、有利区間完走で連チャンがストップしないように、ボーナス後1G目は有利区間から一度転落し、2G目からカウントが開始されます。特にゲーム性に影響はないですが若干違和感があるってだけです。

試打感想、PV

基本的にはキュイン待ちのゲーム性なので退屈な方も多いかもしれません。

設定差が大きいですが、低設定の初当り確率を考えると天井到達率は高いかもしれません。

これで天井がもっと深かったら完全にアウトな台だったと思います。

基本的に100Gまでは回すことになるので、ベース50Gなら600Gの天井まであと1万円…という絶妙な天井G数ですね。

もし100Gまで回している間にスイカ2回とか引いてしまったらツッパるしかないのかな??こういうパターンは完全に罠な予感もしますが…ww

5.9号機の南国育ちの販売からまだ数カ月しかたってないのに、なぜまた同系統の新台を出すのか…、南国育ちはただの5.9号機の在庫処分だったとしか考えられないのでちょっと腹立ちますねww

南国育ちよりはましだと思いますが、沖ドキには絶対勝てないので無理して導入する必要はない台かなと思います。


ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする