パチンコより熱い!仮想通貨バブルに乗り遅れるな!

CR翠星のガルガンティア(大一)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は4月16日からで全国10000台予定(ホントはもっと少ない?)です。

以前にディライトからスロットとして販売され、実績を残せなかったガルガンティアですが、今回はパチンコで登場します。

まだ展示会前ですが、先にし試打せてもらうことが出来ました。

ぼくはこのアニメを見たことないですが、エヴァやガンダムでさえダメなロボット物、そして比較的新しめの版権ということで、スロットと比較して年齢層が高いパチンコでは不安がいっぱいですww

スポンサーリンク

スペック

大当り確率 1/319.6
高確率 1/42.2
ST突入率 70%
ST回数 100回
時短回数 100回
賞球数 4&2&3&5&14
カウント 9C
通常時
種別 払出し出玉 電サポ 振り分け
8R確変 1008個 ST100回 50%
実質2R確変 277個 ST100回 20%
8R通常 1008個 時短100回 30%
右打ち中
種別 払出し出玉 電サポ 振り分け
16R確変 2016個 ST100回 60%
3R確変 378個 ST100回 10%
3R通常 378個 時短100回 30%

突入率70%のST機になっています。

特徴はST100回に対して高確率時1/42.2という確率なので、STさえ入れば引き戻し率は90%を超えます。

まあ最近の台の中ではバランスのいいスペックではないでしょうか。

電チューは釘の関係ないベロタイプなんですが、元々の性能が悪いのか拾いが悪かったです。電サポ中もなかなか保留満タンになりませんでした。たまたまかもしれませんがww

初当り時の8R確変or通常、右打ち時の3R確変or通常は、演出上は確変か通常が分からない状態で電サポに突入するタイプです。

試打感想、PV

パチンコやスロットでその版権を知って、原作を見てみようと思えるかどうかはぼくの中での機種選定の判断基準のひとつです。エウレカとかバジリスクとか牙狼とかがいい例だと思います。

その点、この台はそこまで魅かれるものがなかったですww

ただし、日程的にゴールデンウィーク前の最後の新台入替になると思うので、同時期のライバル機にビッグタイトルがなければ(あるとしてもキャプテン翼かな)、そこそこ導入台数が伸びるかもしれません。

ぼくも少台数で検討します。


ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする