パチンコより熱い!仮想通貨バブルに乗り遅れるな!

ルーレットクイーン女神の羅針盤(コナミ)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は8月20日からで全国1500台予定です。

KPEではなくコナミブランドからの新台、ルーレットクイーンを試打してきました。

液晶非搭載機ですが、それ以上にインパクトのある筐体が特徴です。

スポンサーリンク

スペック

設定 ボーナス ART 合算 出玉率
1 1/159.8 1/399.0 1/114.1 97.6%
2 1/157.9 1/397.1 1/113.0 98.7%
3 1/155.3 1/394.2 1/111.4 100.3%
4 1/152.4 1/384.7 1/109.2 103.1%
5 1/147.9 1/376.1 1/106.2 105.7%
6 1/140.9 1/367.1 1/101.8 110.1%

純増:約2.0枚(ボーナス込)

ベース:約31G/50枚

BIG:約150枚

REG:約72枚

スペックはA+ARTでボーナス込純増2.0枚です。

通常時はレア役を契機に32Gの長いCZに突入し、ART期待度は約36%となります。

ARTに突入すると、まずは30~300Gの初期G数を決めるルーレットが始動します。

ARTは50or67or80or100%の継続率を持っていて、初期G数は固定でループ抽選を行っています。初期100Gスタートなら2セット目も100Gスタートです。

消化中にG数上乗せや特化ゾーンもありますが、セット継続時に引き継がれるのは初期G数だけです。

そして、最大の特徴はART中のボーナスで継続率アップ抽選を行っていて、BIGなら1/2で継続率がアップします。

つまり、継続率50%からスタートしても、最短だとBIG3回で100%継続=完走確定の状態まで自力で上げることが可能です。

これだけ聞けば簡単そうに感じますが、ボーナスは合算確率しか公表されていないので、BIGはかなり重いのかもしれませんね。

さらにこの台はART中にボーナスを引いても、ボーナス後に準備中を経由することなくARTに復帰します。準備中で枚数が減っていくストレスは解消されているシステムです。

試打感想、PV

ルーレットのインパクトは大きいですが、液晶なしのART機はやっぱり微妙な感じは否めませんね。

液晶なしで出目も単調なので、通常時はきついですが、ARTに入ればちょっとヤレそうな気がするといったイメージの台です。

この台が並んでたらカジノのような違った雰囲気になりそうですが、複数台での導入は厳しいかなと思います。

とりあえず打ってみようかなとは思うかもしれませんが、1回打ったらもういいかなってなる台ですね。1500台も売れるのかなww


ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする