南国育ち~蝶々ver~(アムテックス)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は9月18日からで全国4000台予定です。

南国育ちの5.9号機verが出るというので試打してきました。

10月からは遂に6号機も登場するということで、5.9号機の時代も終盤ということになりますが、オリンピア系からは最後の5.9号機になるのかな??

今回は「シリーズ最高の翔びっぷり」というキャッチフレーズで、とにかく蝶が飛びまくって連チャンしまくる?ようです。

スポンサーリンク

スペック

設定 BIG REG 合算
1 1/129.9 1/197.8 1/78.4
4 1/126.5 1/190.4 1/76.0
6 1/121.0 1/179.7 1/72.3
設定 初当り確率 出玉率
1 1/390.1 97.8%
4 99.7%
6 105.0%

純増:約1.8枚/G

ベース:約33G

南国B(青7):80G+連チャンモード確定

BB(赤7):80G

REG:30G

疑似ボーナスが連チャンするタイプのART機です。ボーナスのラスト8G間で蝶が飛べば1G連がループするというお馴染みのシステムです。純ボーナスはありません。

設定は3段階しかありません。出玉率の設定差も少なく、ちょっと手抜き感を感じますww

通常時にボーナスが成立しやすい、連チャンに入りやすいモードなどのモードの概念は一切ありません。

通常時は基本的に蝶図柄揃い=ボーナス成立となるので、蝶図柄成立待ちの単調なゲーム性になります。

蝶図柄は約1/130で成立し、押し順正解で揃う仕組みになっています。

レバースタート音が大きくなった時は内部的に蝶が成立していて、第一停止で正解が2/3、枠内に蝶図柄が停止すればその時点で正解です。

残り2リールをどっちから止めるかの2択に正解すれば蝶が揃います。よって成立時の約33%で揃うことになります。蝶図柄はリノのトマトのような役割ということです。

よって初当り確率は全設定共通の約1/390になります。

初当り時の蝶飛翔率は約75%もあり、一度連チャンに突入すれば平均約82%でループに期待できます。

沖ドキのように、ボーナス消化中の成立役によって1G連の抽選をしており、これに当選できれば、内部的に飛翔モード(連チャン)が選択されていなかった場合でも、自力でモードを上げることが出来ます。

初当り時の飛翔率75%というのは自力昇格も含めた数値だと思われます。

試打感想、PV

通常時にモードが存在しないので、モードを推測して打つ楽しみがなくなってしまったのは残念です。

逆に、いつでも平等にチャンスがあり、即ヤメもできます。

5.9号機版リノとも言えるゲーム性なので、上乗せしまくってリミッターが…とかを気にする台ではないと思います。

そして、今回はアタックビジョン筐体ではなく、新筐体になっています。

蝶が飛ぶだけのゲーム性でアタックビジョンは確かに必要ありませんが、この新筐体はダサいですww

導入してもバラエティ、別にスルーでも問題ないかと思いますね。


ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする