パチンコより熱い!仮想通貨バブルに乗り遅れるな!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CRリング終焉ノ刻は辛い!?導入2週間の実績データとボーダーライン比較

7月の前半のパチンコ新台はあまり機種数がなかったので、CRリング終焉ノ刻をメインに新台入替を行ってきたホールも多かったと思います。

藤商事が力を入れてきたコンテンツなので、そこそこ稼働するとは思っていましたが、ぼくが注目しているのは、この後登場する「CR牙狼GOLDSTORM翔」と仕様が似ている(ロングST、ST中の通常当り等)ことです。

このスペックはプレイヤーに受け入れられるのか、甘いのか辛いのか、ぼくのホールでも10台導入しているので実績データを検証してみようと思います。

スポンサーリンク

導入後2週間分の実績データ

7/3~7/16まで14日間×10台、延べ140台分のぼくのホールの実績はこちら。

アウト 39,547個
差玉 1,345個
通常ベース 32.7%
千円スタート 19.02回
特賞確率 1/328
特賞出玉 4,035個
確変ベース 84.8%
台売上 62,329円
台粗利 11,445円
利益率 18.37%

※28玉3.57円交換

右打ち時の確変ベースは無調整ですが84.8%と低いです。止め打ちをすることで玉減りを抑えることはできますが、電チューが1個賞球なので増やすのは無理でしょう。STが長いにも関わらず、玉減りが多いゲージは客離れを早める可能性があるので、このゲージのマイナスポイントかと思います。

スタート回数はヘソ入賞個数と有効スタート回数に大きな差がある(上記千円スタートは有効スタート回数)ので、停止秒数やリーチが長いなどの原因があると思います。なのでオーバーフローに気を付けるだけでもっと回せることになります。

トータル的にはちょっと辛めの部類に入る機種ですねww

ボーダーライン比較

ぼくのホールの実績数値から特賞確率を1/319に修正して、利益率0%になる千円スタートをシミュレートすると…

21.54回になります。

解析サイトのボーダーラインと比較してみると…

交換率 表記出玉
2.50円 25.1回
3.03円 23.0回
3.33円 22.2回
3.57円 21.6回
等価 20.5回

引用元:セグ判別&設定推測パチマガスロマガ攻略!

ほぼ解析値どおりですねww

右打ち時の調整を削っているホールでは更に辛くなるので注意が必要です。

データを見る限りでは、通常時止め打ち、確変中止め打ち、アタッカーオーバー入賞と技術介入で差が出やすい機種だと思うので、レベルの低い客層が多いホールなら勝負になる釘がある可能性が高まると思います。

このボーダーラインだと千円スタートで25回くらいは欲しいところですが、なかなか難しいですねww

稼働的には必殺仕事人ほどではありませんが、悪くはないのでロングSTやST中の通常当り等のスペックは問題ないかと思いますが、ホール側としてはあまり辛すぎるもの、出したい時に出せないのでメイン機種としては不向きです。

その点、「CR牙狼GOLDSTORM翔」はもう少しボーダーが甘くてもいいと思います。

あと「CR牙狼GOLDSTORM翔」は、リングより長いST187回なので、適正な確変ベースになるゲージ構成でないとかなり危険かと思いますが…大丈夫ですよねサンセイさんww

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. すっふぃー より:

    なんも知らずに横の手に触って飛び上がるほどびっくりしました…
    藤商事はそういうとこだけ好きです(小声)

    • gennosuke より:

      ぼくもショールームでの試打時に真っ先に触ってしまいましたww
      見本機は触っただけでバイブもしてましたが、実機ではしてなかったような…。