ルパン三世不二子TYPE-A+ (オリンピア)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は4月2日(地域によって16日?)からで全国13000台予定です。

ルパンシリーズまでA+RTスペックで登場します。またですかww

今回は5号機最後の大革命「タイプA+」というちょっと変わったスペックになっています。

スポンサーリンク

スペック

設定 SBB NBB REG 合算 出玉率
1 1/1927.5 1/399.6 1/390.1 1/179.1 97.9%
4 1/1285.0 1/407.1 1/374.5 1/169.3 100.8%
6 1/1771.2 1/360.1 1/321.3 1/154.9 108.0%

SBB獲得枚数:MAX402枚(技術介入時)

NBB獲得枚数:平均約350枚(枚数変動型)

REG獲得枚数:MAX103枚(技術介入時)

ベース:約34~37G/50枚

RT:30G+α

設定が3段階ってどうなんでしょうか!?プレイヤーとしては夢がない…のかなww

なんだか設定6のありがたみが薄れてる気はしますよね。

そして、A+というスペックですが、従来のAタイプと異なるポイントはNBBが獲得枚数変動型のボーナスになっていることです。

この枚数変動ボーナスの詳細は教えてもらえませんでしたが、ぼくが打った感じでは、純ボーナスではないです。

NBB中は、まず準備中のような状態から始まり、ビッグサーチが完成すると15枚役高確率状態へ移行します。準備中はメダルが減っていくので、いかに早くビッグサーチを完成させられるかが獲得枚数の変動に影響します。ビッグサーチ完成は何かのフラグ成立がきっかけだと思います。

ビッグサーチ完成後は15枚役が高確率で成立する高純増状態(JACゲーム)に移行します。この15枚役高確率状態は、15枚役が4回1セットのMBのようなものが連続して成立している感じでした。この15枚役高確率時には1枚役を外すための逆押し技術介入が必要ですが、15コマ目押しなのでほぼ適当押しでも大丈夫なレベルですww

NBBの平均獲得枚数は350枚で、ビッグサーチ完成が早ければ400枚獲得も可能です。

SBBとREGに関しては普通の純ボーナスで、ともに1回のビタ押し技術介入で最大枚数を獲得できます。

RT性能は、SBB後は30GのRT確定し、途中で再セットされることがあるので最大60G継続の可能性があります。

NBB後は5G、REG後は1GのRTチャレンジに突入し、この間に特殊リプレイ成立でRTに突入します。突入率はNBB後は約67%、REG後は約20%です。RTチャレンジ経由の場合は30G固定となります。

試打感想

演出は今作のオリジナルであるストーリーモード、4号機時代の不二子2(2002年)の演出を復活させた不二子モード、さらに昔の初代ルパン三世を再現したシンプル演出のクラシックモードの3種類から選択可能です。

出目と演出のバランスはよく出来たAタイプだと思います。

設定が3段階しかないことが吉と出るか凶と出るか、そこだけが心配です。

でもよく考えたら、6段階あっても全部の設定を使うわけじゃないですし、4段階設定のAタイプも実績を残している機種はあるので大丈夫なのかもしれません。

400枚獲得できるBIGというスペックは6号機では絶対不可能なので、将来的に貴重なスペックになる可能性はありますね。

導入タイミング的に番長Aタイプと被るので、4月はこの2機種がメインになりそうですね。

春のAタイプブームは来るのかww


ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする