P牙狼9~冴島鋼牙(サンセイ)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は7月8日から全国50000台予定です。

新規則になって牙狼が帰ってきたということで試打してきました。

夏商戦に向けてサンセイもキラーコンテンツを投入してきた感じですね。

しかも今回は継続率規制撤廃後の80%高継続率V確変ST機ということで、最もアツかったMAXタイプ時代を思い出させる牙狼になっているかもしれません。

スポンサーリンク

スペック

大当り確率 1/319.7
高確率 1/99.9
ST突入率 33%
ST回数 160回
継続期待度 約80%
時短回数 100回
賞球数 4&1&2&3&15
カウント 10C
ヘソ入賞時
種別 払出し出玉 電サポ 振り分け
10R 1500個 ST160回 33%
10R 1500個 時短100回 67%
電チュー入賞時
種別 払出し出玉 電サポ 振り分け
10R 1500個 ST160回 100%

ALL1500個の大当りが最大80%でループするという、現行基準では最も射幸性が強い部類のスペックですね。

通常からのST突入率は33%、時短からの引き戻しを含めても約51%となり、若干低めです。

その代わり確変突入時の出玉期待値は平均5連チャンで約7500個とかなり大きいです。

当初発表されたスペックでは確変突入率30%でしたが、後から33%Verが検定通過したので差し替えられました。

これが真の本命スペックだったのかはわかりませんが、少しでもスペックアップしたのはナイスですね。

トータル的には甘いスペックになっているので、ボーダーは新規則の中では最も低い部類になりそうです。

試打感想、PV

現状では、これが新規則のMAXタイプだというスペックで、いかにも牙狼らしい尖り方をしていますね。

演出は結構凄かったです。普通の液晶と透過液晶が前後に2枚重なっていて、その間に役物まであり、それらが組み合わさって…、他メーカーよりワンランク上の迫力を感じました。

そして今回は牙狼シリーズの中でも初代牙狼に戻っているので、懐かしい牙狼の世界観に新しいホラーバトルなどの新演出も多数追加されていました。

ただし、短時間出玉率の規制内で1500個当りをループさせるには、引き伸ばしっぽい演出を挟んだり、変動スピードをそこまで上げられないなどの制約が出てきてしまいますね。

そこだけがちょっと気になってもったいないと思いました。

筐体は金翔枠の白バージョンなんですが、白は5000台しか販売されないので、ホールが在庫として持っている金枠や赤枠を使うホールが多いと思います。

これは大量導入に踏み切るホールも出てくるのではないでしょうか。

少なくとも牙狼GR翔や牙狼TUSKと同じ台数ぐらいはどこのホールにも導入されると思います。



ランキング応援お願いします!

パチンコランキング

シェアする

スポンサーリンク