ぱちスロ水戸黄門を試打してきた【感想、評価、導入日】

導入日は5月8日からで、全国5000台予定です。

スペックはA+ARTで確率はこんな感じ。

ボーナス ART 出玉率
設定1 1/1057.0 1/395.6 97.0%
設定2 1/1057.0 1/393.9 98.1%
設定3 1/1057.0 1/373.8 100.1%
設定4 1/1008.2 1/330.0 104.2%
設定5 1/1008.2 1/280.8 106.4%
設定6 1/949.8 1/261.3 109.0%


ARTは純増1.6枚(ボーナス込1.7枚)

千円ベース 約44G

ボーナスが重いタイプで主にARTで出玉を増やすタイプとなっています。

通常時は周期抽選がメインとなっていて、1周期127ポイント×MAX11周期が天井となります。イメージとしてはユニバーサルのやじきた道中記に似ています。

レア役で周期ポイント減算特化ゾーン「かごチャンス」の抽選を行い、特化ゾーンに入らなくても1G毎に1ポイントは減算していきます。

11周期目の天井に到達するまでの平均G数は850Gらしいので千円ベース44回転だと20000円かからずに天井までいけます。

ART「勧善懲悪ボーナス」は40G+5Gのバトルが1セットで継続していくセットストックタイプです。バトル勝利時に初期G数を上乗せする特化ゾーンに入る場合もありますが、基本は40Gです。

上位ART「宿世ノ刻」は1セット10Gが平均22セット継続する出玉トリガーとなっています。

ボーナスは獲得枚数100枚or200枚で割合は7:3です。通常時はポイント減算特化ゾーン、ART中は毎G1/5でセットストックを抽選する上乗せ特化ゾーンの役割になります。

リセット後は2周期目までのART当選が40%で期待できるそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

試打感想、評価

筐体はAKBバラの儀式と同じですが、サプライズレバーの使いどころはほとんどないようです。ただの部材処理でしょうかww

リールはブランク図柄がほとんどで、出目演出は液晶上のリールで行われます(カイジみたいな感じ)。このビデオリール機は今後は保通協の許可がおりないので、これが最後のビデオリール機になりますって営業マンが力説してました。だからなんだって話ですが…ww

スペック、演出ともにさすが京楽のスロットだけあって微妙です。

コンテンツ的にも年配の方でもわかりやすいART機を作りたかったんだと思いますが、中途半端で出来でした。

それにしても、このボーナスとART確率なのに天井が浅いということは、低設定の天井到達率はかなり高いような気がしますが…どうでしょうかwwリセットの恩恵も含めて、狙いどころはあるのかもしれません。

同じGW明けの5月8日導入の機種は忍魂、グラップラー刃牙、サクラ大戦、マクロスフロンティア3、呪怨など、ライバルが多いです。この中から水戸黄門を買うかと言われれば、ぼくは確実にスルーします。これ絶対5000台も売れませんねww

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする