パチンコより熱い!仮想通貨バブルに乗り遅れるな!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

MAX機を撤去しなかった唯一のホール

以前、「MAX機はやはり残っている」という記事の中で、全国で2016年中にMAX機を撤去しなかったのは全国で1店舗、しかし、その設置台数はなんと200台もある。という内容を書きましたが、そのホールは現在どうなっているのか。

そんな暴挙にでたのは大阪岸和田市のハッピー岸和田店(元ミスターパチンコ)というホールで、設置台数1000台以上の大型店。現在はP-worldからも削除されています。それにしてもMAX機200台も残っているというのは、計画的な撤去を進めていないし、明らかに意図的に撤去しなかったとしか言いようがない。

ハッピー岸和田
(画像はミスターパチンコ時)

2016年内にMAX機を撤去しないホールへのペナルティは「撤去した日から起算して半年間は新台、中古台の導入書類が発行されない」ということです。要するに「半年間、一切の新台入替ができない」ということになります。それを承知でMAX機を残すのは、営業を続ける気がないと思っていましたが、やはりそうでした。

ハッピー岸和田店を経営する法人は最盛期に11店舗を経営していましたが、10年以上前から店舗の売却を進めていて、現在残っているのはハッピー岸和田店の1店舗のみ。いつまで営業を続けるかもわからない店舗に、MAX機を撤去するために莫大な新台経費をかけるつもりは最初からなかったのでしょう。なるようになって限界まで営業したところで店を閉めるつもりだったのではないでしょうか。

MAX機は検定取り消しになったわけではないので、設置していても違法にはなりません。しかし、警察はやろうと思えば、釘曲げなどを理由に営業停止などの行政処分を科すこともできるでしょうが、営業を続ける気がないホールに対してそこまではしない方針のようです。

スポンサーリンク

2月末までに完全撤去

このハッピー岸和田店は遊技場組合に加盟していない非組合員であったために、再三の組合からの撤去に関する呼び掛けに対しても連絡がとれなかったようですが、この度、2月末までに設置中MAX機全台を撤去することになったようです。

これは新台を入れて撤去するのか、設置台数を減台するのか、そのまま営業を終了するのかわかりませんが、予定より2ヶ月遅れでMAX機は全国のホールから完全になくなることになり、撤去問題は幕引きになることでしょう。こっそり少台数で稼働してるホールが後から出て来なければの話ですがww

このホールのどれぐらい稼働してるのか、MAX機200台を設置中の1月時点での稼働率も10%程度と客は飛んでいるらしい。まだ「MAX機があるなら打ちに行きたい」というユーザーより、「まだMAX機があるなんて怪しい」と思うユーザーの方が圧倒的に多かったようですね。懸命な判断です。早めに貯玉は下ろしておいた方がいいですねww

【関連記事】

・MAX機はやはり残っている

・MAX機は本当に全台撤去されたのか

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする