12月の万枚突破台とその設定~ディスクアップの設定6だけの出玉ランキングも!

明けましておめでとうございます。今年もげんのすけと当ブログとよろしくお願いします。

さて、2019年1発目も毎月恒例のこの企画から始めたいと思います。

12月にぼくのホールで万枚突破した台の設定はいくつだったのか公開&今回はついにぼくのホールにも導入された大人気機種「ディスクアップ」の設定6だけを集めた出玉ランキングも公表していきたいと思います。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

万枚突破台の設定公開

12月の万枚突破台はこちら!

1位 アナザーゴッドハーデス
19,128枚 設定1
2位 北斗の拳転生の章
17,585枚 設定1
3位 バジリスク絆
15,431枚 設定1
4位 アナザーゴッドハーデス
13,869枚 設定1
5位 ミリオンゴッド神々の凱旋
12,326枚 設定1
6位 アナザーゴッドハーデス
12,174枚 設定2
7位 魔法少女まどかマギカ
11,808枚 設定4
8位 バジリスク絆
11,563枚 設定6
9位 ミリオンゴッド神々の凱旋
11,440枚 設定1
10位 ミリオンゴッド神々の凱旋
11,219枚 設定1
11位 モンスターハンター月下雷鳴
10,855枚 設定1
12位 アナザーゴッドハーデス
10,517枚 設定4
13位 アナザーゴッドハーデス
10,499枚 設定1
14位 バジリスク絆
10,267枚 設定6
15位 バジリスク絆
10,068枚 設定6

12月は年末年始に向けてちょっとアクションを起こしたのでかなり稼働が上がりました。

それに伴って万枚突破台も増え、15台もいったのは2018年で最高ではないでしょうか。

このランキングだけでは見えない部分で設定も相当入れましたが、ランクインするのはいつもの機種と変わりませんでしたね。

これを見れば旧基準機は、

「稼働が上がる=事故率も上がる=出ているように見える」

というのことがよくわかっていただけると思います。

つまり設定に関係なく客が客を呼ぶ状態を作り出してしまうのが繁盛店の典型的パターンですね。

それが出来にくくなる6号機時代こそ、本当の優良店が見えてくるかもしれません。

ちなみにぼくのホールの6号機はまだ1回も万枚突破していませんww

ディスクアップの設定6だけの出玉ランキング公開

今回はぼくも楽しみにしていたディスクアップをついに導入したので、ディスクアップの設定6だけの出玉ランキングとその設定を公開します。

1位 ディスクアップ
4,401枚 設定6
2位 ディスクアップ
4,062枚 設定6
3位 ディスクアップ
939枚 設定6
4位 ディスクアップ
668枚 設定6
5位 ディスクアップ
621枚 設定6
6位 ディスクアップ
▲51枚 設定6

導入から設定6を使った延べ6台分のランキングです。

意外とショボいですねww

出玉率にして106.82%しかありませんでしたからちょっとヒキ弱なのかな?ビタ押しの調子がわるかったのかな?

設定6フル攻略なら110%と言われているので、その差が約3.18%、設定1なら100%を若干切るぐらいの数値なので、まあ一般的なレベルのプレイヤーはこれぐらいの数値に落ち着くのが普通なのかもしれません。

まだサンプルが少ないですが、低設定でもあまり儲からない分、高設定でもそんなにエクストラって感じではありませんね。

一応A+ART機とはいっても出方としてはハナビやバーサスと似ているように思います。

稼働は抜群なんで、これからも「どうせ設定1」と思われないディスクアップを目指して2019年も頑張りたいと思います!!

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする