ドンちゃん2(アクロス)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は3月25日(一部4月1日)からで全国3000台予定です。

遂に6号機でもAプロジェクトが動き出しました。

アクロスブランドからドンちゃん2が6号機になって復刻します。

4号機時代(2000年)に液晶付Aタイプの先駆け的存在だった台です。

スポンサーリンク

スペック

設定 BIG REG 合算
1 1/297.9 1/392.4 1/169.3
2 1/287.4 1/354.2 1/158.7
5 1/275.4 1/322.8 1/148.6
6 1/264.3 1/281.3 1/136.2
設定 出玉率 フル攻略 ベース/50枚
1 97.7% 99.2% 44.4G
2 100.0% 101.5% 45.3G
5 103.4% 105.0% 47.7G
6 106.4% 108.1% 48.7G

BIG:最大222枚

REG:最大104枚

ベース:44.4~48.7G

RT:22G固定

4段階設定のA+RT機です。

BIG獲得枚数が少ないわりにはボーナス確率は若干重め。その代わりベースが高い、まさに6号機版Aタイプといったスペックですね。

通常時はリーチ目主体のゲーム性ですが、液晶演出やフラッシュと出目が矛盾することでボーナスを察知することも楽しみ方のひとつですね。

試打中にボーナス成立後もわざと演出を見ていましたが、なかなか告知ランプは点灯しませんでした。5G以上は点灯しなかったと思います。

BIG中は三連ドンちゃん1回ビタ押しで最大枚数が獲得可能です。

その後は逆押しで提灯が左リール上段受けでテンパイした時にBARを中段にビタ押しすると花火が打ち上がり、設定示唆を行います。

REG中も技術介入は1回のみで、ビタ押し成功なら設定示唆が発生します。

RTはBIG後のみで22G固定です。もともとのベースが45G程度もあることを考えれば、ほんとオマケといった感じですね。

試打感想、PV

演出は緑ドン、青ドン、赤ドンの3種類から選択でき、初代ドンちゃん2にかなり寄せてあると思います。緑ドンはほとんど同じかな?って感じです。

初代を打ったことがある方からすれば懐かしく打てそうです。

また、ユニメモも搭載されたので、小役カウントも正確に行うことができ、示唆演出の出現回数もカウントしてくれます。これはいいですね。

問題はスペック面だと思います。BIG222枚というと、5号機ではA+ART機と同じレベルなので、それを打ち手がどう感じるかが心配です。

枚数少なめのAタイプとしてはクランキーセレブレーションがあげられますが、クラセレはボーナスの軽さと、高スペックで他のAタイプに勝っていたので長期稼働できたと思います。

このドンちゃん2に関して、Aタイプとしては面白いと思いますが、スペック面は物足りない印象を与えそうで心配です。

6号機の規則はAタイプを作るうえで不利だと個人的には思っているので、このドンちゃん2が市場でどういう評価を受けるのか非常に気になりますね。

とりあえず様子見としたいところですが、ユニバーサルは年末の高射幸性機撤去にむけて6号機版のまどマギ、ハーデス2、バジリスク絆2が準備されているので、その機歴という部分も考慮すると3000台なら完売…というより余裕でパンクすると思います。


ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする