パチスロ義風堂!!~兼続と慶次~(エキサイト)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は4月8日(一部4月22日?)からで全国1000台予定です。

今さら5.9号機!?という感じの義風堂々を試打してきました。

抱き合わせでもないのに、まだ5.9号機を出してくるメーカーがあるとはww

スポンサーリンク

スペック

設定 HBB BIG REG 合算 出玉率
1 1/2849.4 1/512.0 1/560.1 1/244.5 97.1%
2 1/504.1 1/550.7 1/240.9 98.2%
5 1/468.1 1/508.0 1/224.4 101.9%
6 1/436.9 1/471.5 1/210.1 104.3%

夢語りBIG:416枚

戦語りBIG:平均364枚

REG:最大64枚

RT:50G固定

純増:約0.2枚/G

ベース:約35.9G/50枚

枚数変動型ボーナス搭載のA+RT機です。

BIGは最大枚数が確定する「夢語りBIG(BAR揃い)」と、獲得枚数変動型の「戦語りBIG(赤or青7揃い)」の2種類があります。

「戦語りBIG」は規定枚数到達までJACゲームの繰り返しとなり、強JAC(15枚×8回)か弱JAC(4or15枚×8回)のどちらを引くかで枚数が変動します。強弱の比率は55:45となります。

REGは1回だけ技術介入をすることで最大枚数が獲得できます。

RTは突入すれば50G固定となり、ループなどの概念はありません。

夢語りBIGとREG後はRT突入確定となり、戦語りBIG後は20GのCZ間で突入リプレイを引ければRTに入ります。

青7>赤7で突入率が優遇されているようです。

試打感想、PV

メーカー的には6号機時代に400枚とれるAタイプは貴重という謳い文句で、「今さら5.9号機」という部分をカバーしようとしているようですが、流石に無理がありますねww

獲得枚数が多く、RTも50Gついているということでボーナス確率は重く、しかも出玉率も低いということで、Aタイプとしてのバランスが崩壊していると感じます。

演出的にも今までと特に変わり映えしない印象ですね。

チャンス目(リプレイ)の後にプチRTで演出が起こることで、通常時の間を持たせようとしていますが、ボーナスが重くなればその分ガセ演出も多くなるので一長一短だと思います。

GWの大型連休に備えて新台が欲しいな…とは思いますが、この台はいらないですねww


ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする