パチンコより熱い!仮想通貨バブルに乗り遅れるな!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CRジェットアローII号β&γ試打感想【スペック、導入日】

ジェイビーのパチンコ新機種『CRジェットアローII号β(ベータ)』と『CRジェットアローII号γ(ガンマ)』のスペック違いの2タイプが同時に登場します。

導入日は7月19日からで2スペック合計で全国3000台です。

クルーンと役物を経由してV入賞で大当りとなる天下一閃タイプです。

スポンサーリンク

ゲームフロー、スペック

ゲームフロー、役物、盤面釘配置はベータもガンマも共通です。

まず①のパトクルーン通過から②のヘソに入賞する確率が1/5(設計上の数値)となります。

②のヘソに入賞すると③のVアタッカーが開きます。

アタッカーは3個賞球で何発入賞しても1発だけ貯留されます。

貯留された1発がランダムなタイミングで④の6穴回転体(役物確率1/5)に放たれ、⑤のVゾーンに入賞すれば大当りとなります。

①のパトクルーンに入った玉がV入賞にたどりつき、大当りする確率は1/5×1/5で1/25となります。

大当り後はベータとガンマでスペックが異なります。

【βベータ】

2回1セットタイプ

右アタッカー15個×9カウント×実質15Rで大当り払出し出玉2025発×2回の獲得となります。

【γガンマ】

Vアタッカー4回チャンスの継続タイプ。

右アタッカー13個×9カウント×実質15Rで大当り払出し出玉1755発の獲得なります。

1/5の回転体役物抽選を4回受けられるので、継続率換算では約55%となります。

試打感想

①のパトクルーンから②のヘソに入賞するかどうかは一瞬で決まってしまうのでせっかく①に玉が入ったのに熱くなる前に結果がわかってしまいます。

しかも②は釘なのでホールによってヘソ入賞確率1/5というのも一律ではない気がします。

④の回転体は6個の穴の内、当りは2個ですが役物の形状上、確率が1/5となります。玉がクルクル回っている時間も短めであっさり当否が決まります。

羽根モノならまだしも、そもそもチャンスが少ない上に役物があっさりしすぎているので、玉の動きを楽しみたい人にとっては物足りない感じがします。もうちょっと焦らして欲しいですねww

総じて天下一閃のほうが上だと感じます。価格は安いですが、ちょっと導入は厳しいかなと思います。

この種の台はドツキゴトとかも心配ですが、振動センサーの感度は2倍にパワーアップしてるらしいです。かなり敏感なので気をつけましょうww

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする