早くも100万!番長3が好調で中古価格も高騰

導入から約2週間が経過しました。北斗修羅やバジリスク3のようにはならなそうなので、とりあえず安心しています。

前述の機種と比較すると、市場に導入されている台数が少ないので当たり前かもしれませんが、ある程度まとまった台数を導入した新基準の中では最高クラスの稼働で推移しているのではないでしょうか。少なくとも番長3の稼働が悪くて期待外れと言っている店長はぼくの周りにはいませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中古価格も新基準最高クラス

もちろん未導入のホールは導入したいと考えるでしょうし、導入台数の少ないホール増台を検討します。

そうなると中古価格が高騰するのがこの業界のセオリーです。

4月15日現在のスロット中古価格相場がこちら。


(引用元:中古機相場.com)

100万ww

ぼくはそこまでの金額を出して中古機を買おうと思ったことがないのでこの感覚が良くわかりませんが、「需要有り」となっているので実際にこの価格帯での売買が頻繁に行われているのでしょう。

いくら番長3が高評価だからといって100万も出すなんて信じられない的な書き方をしましたが、良く考えたらぼくもシェイク2や忍魂3といった抱き合わせ機種を買って番長3を導入してるので、それも含めたら番長3一台当りに対して100万近い金額を払っているんですよね。そう考えればそこまで非現実的な価格でもない気がしてきましたww

でも今中古で番長3を購入しても実際にホールに導入できるのは早くても1ヶ月後になってしまうので、その時点で100万の価値があるかどうかを見極めないといけません。もし1ヶ月後に150万になっていたら安い買い物だったと思えるだろうし、逆もあります。

今現在設置中のホールは、その機種の将来性と自店の稼働業況から判断して、最も中古価格の高い時に売却することで、最大限の利益を得ることもできます。

株みたいなものですねww

本来は中古機導入のメリットってそういうところじゃない気がしますが…マニアックかつハイセンスな機種選択を安価で行うことが、中古機購入における店長の手腕だと思います。

それにしても沖ドキ!トロピカルが105万って一体誰が買うの?ww

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする