戦国乙女TYPE-A(オリンピア)試打感想【スペック、評価、導入日】

導入日は8月21日からで全国3000台予定です。

戦国乙女シリーズ初のAタイプでパチンコの「CR戦国乙女~花~」に登場している千リキュウ、小早川ヒデアキ、前田トシイエも登場キャラに追加されています。

オリンピアはあまりAタイプのイメージはないですし、最近だと「めぞん一刻~桜の下で」がありましたが、実績が残せていませんが、今回の戦国乙女TYPE-Aはどうでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スペック

設定 BIG REG 合成 出玉率
1 1/309.1 1/376.6 1/169.8 98.0%
2 1/318.1 1/321.3 1/159.8 98.8%
3 1/292.6 1/358.1 1/161.0 100.8%
4 1/295.2 1/297.9 1/148.3 104.7%
5 1/242.7 1/364.1 1/145.6 112.0%
6 1/252.1 1/254.0 1/126.5 114.1%

BIG獲得枚数:311枚(技術介入時)

REG獲得枚数:104枚

RT:30G(BIG終了後のみ)

まず注目すべきは奇数設定はBIG偏向型、偶数設定はBIG:REG比率がほぼ1:1となっている点です。推測要素が多いことはいいと思いますが、あからさま過ぎるのは逆効果かと思いますww

BIG中は予告音発生時に逆押しから左リール中段に白7ビタ押しを1回成功させることでMAX311枚獲得が可能です。

BIG後だけRT30GがつくハナビタイプですがRT中はハズレが多いので、現状維持程度の性能となります。

REG中は左リール下段に白7ビタ押し成功回数に応じて設定示唆が出やすくなるようです。ミスしても獲得枚数に影響はありません。

通常時の演出モードは4タイプから選択可能です。

乙女アタックモード:バトルジャッジ

乙女ランプモード:チャンス告知

萌えカットインモード:完全告知

ミックスモード:上記3種混合

設定推測要素

営業マンから聞いた話で未確認情報なので参考程度にですが…

・BIG終了画面で卑弥呼登場は設定6確定

・REG終了画面でグミ出現で設定4以上、シロ出現で設定5以上

・通常時の小役確率

・BIG中の平行ベル、斜めベル、ハズレ確率

・RT中のハズレ確率

かなりハナビを意識した仕様のようですww

試打感想、評価

こういう遇奇が特徴的なスペックにするとBIG先行の台は奇数設定濃厚とみなされて稼動しないことが多いですし、設定2で放置されるパターンが増えます。

演出面に関しては、大都のクレアなどがいい例ですが、液晶付きAタイプは結果がわかっているにも関わらず演出を引っ張る機種が多くなっています。しかし、この戦国乙女はほとんどの演出が1G完結です。選択する演出モードにもよりますが、液晶機である意味がないぐらい演出がシンプルなので評価が分かれると思います。遅れなどの違和感演出もあるのでそういう地味な演出を際立たせようとしているのだと思いますが…中途半端ですww

設定判別要素やリーチ目など、総じてハナビに似せて作ったAタイプになっていますが、液晶演出を最大限に活かした台にするのか、リール制御や出目に特化した台にするのかどちらかにしたほうがいいと思いました。

正直ちょっと期待はずれでした。

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. number@15 より:

    この筐体でのAタイプは初ですかね?
    アタックビジョン搭載で演出は1G完結が多いなんて…コンテンツに完全に依存しただけのクソ台になりそうですね。

    タイムクロスとかハイリノとか特徴的なAタイプが増えてる中でこんな凡台よく売ろうと思いましたね。

    • gennosuke より:

      この筐体では初です。
      言われてみればアタックビジョンを押す演出は一回も出ませんでした。まさか押す機会がない…なんて事はないと思いますがww
      おっしゃるとおりコンテンツだけの台になりそうな気がしますね。