パチンコより熱い!仮想通貨バブルに乗り遅れるな!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

5.9号機で復活!ブラックラグーン3(七匠)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は12月4日からで全国4000台です。

久しぶりのスロット新台試打記事ですねwwこんなに新台がない時期って過去にありましたっけ?ぼくの記憶にはないです。

さて、5.9号機になったブラックラグーン3を試打してきました。今回は七匠からということでちょっと不安でしたが、基本的なゲーム性は過去のブラックラグーンと変わりないので戸惑うことはないと思います。

スポンサーリンク

スペック

設定 BIG合算 REG ART 出玉率
1 1/485 1/551 1/599 97.4%
2 1/452 1/551 1/594 98.9%
3 1/423 1/551 1/589 100.6%
4 1/366 1/551 1/572 104.0%
5 1/317 1/551 1/556 107.1%
6 1/284 1/551 1/541 112.3%

純増:約1.9枚(ボーナス込)

ベース:約34G

ボーナス:SBB約256枚orNBB約152枚orREG約56枚

ART:初期50Gor100G+α

天井:なし

オーソドックスなA+ARTでARTのみだと純増約1.5枚/Gになります。

5.9号機ARTだと戦コレ3しか比較対象がありませんが、ボーナス、ART確率ともに重めになっていて波は荒めの仕様です。

通常時はCZ「ギャングスタバトル」かボーナス経由でART「ギャングスタパラダイス」を目指します。ART直撃もありますが、ほとんどはCZ経由のようです。

CZはブラクラ伝統のバレットバトルで、15G+α継続し、レア役orベルの択当てで相手のHP削っていきます。対戦相手のよって初期HPは変動します。トータル勝利期待度は約40%です。

ARTは初期50Gスタートで継続率やストックの概念はなく、G数上乗せのみとなっています。100Gスタートは特殊CZ経由でART突入した時だけなので、確率は低いと思われます。

ARTに突入したら、レア役やボーナスでG数上乗せと重ねつつ、まず目指すべきはバレットを8個貯める、通称「バレ満」状態です。

一度「バレ満」状態になれば上乗せ性能が5倍に跳ね上がり、ART終了まで継続します。

特化ゾーンはループ率80%で黒BARが揃いまくる「ヘブンズラッシュ」や、上位版の最強特化ゾーン「スーパーヘブンズラッシュ」も継承されています。さらにヘブンズラッシュ突入のチャンス状態である「ヘブンズゾーン」や、REGの一部から突入するヘブンズラッシュのストックゾーン「ヘブンズゲート」などが追加されています。

中段チェリーの恩恵はART+バレ満確定。

有利区間移行時はクレジット表示部にある☆マークが点灯しますが分かりずらいです。

試打感想

5.9号機最大の欠点である1500Gリミッターが付いていること以外、ゲーム性はいつものブラックラグーンと大差ないと思います。

択当てが苦手なぼくにとっては、VSロベルタだった時のムリゲー感とかも同じでしたww

総じて、G数上乗せのみの機種は1500Gリミッターの5.9号機と相性が悪いと思ってしまいます。

ARTの残りG数のMAXは300Gと決まっていて、それ以上のG数を上乗せした場合には、強制的に後乗せに回されます。そして1500Gを超えないように後乗せG数が調整されて出てきます。

最終的にはエンディング演出に移行し、完走おめでとうみたいな雰囲気でARTが終了する訳ですが…どう考えてもヒキ損や出来レース感があり、不信感が拭えません。

エンディング間近の状態では特化ゾーン無抽選なのか?エンディング中に中段チェリーを引いたらどうなるのか?など、つじつまが合わない点が多く、疑問が残ります。

エンディング到達時の平均獲得枚数は約2500枚(ボーナスを何回引けるかで増減します)となります。これを十分満足な枚数と思える方は打てると思いますが、5.5号機や旧基準機がある以上はやっぱり厳しいかと…。

5.9号機の規則上、設定差がそのままボーナス確率に反映されてしまうのも面白味がない気がします。

メーカーも頑張って作ったのはわかりますが、バラエティで導入されてすぐに5スロに行ってしまうパターンしかぼくには見えませんww


ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする