CR冬のソナタRemenber試打感想と京楽の気になる新台情報

導入日は6月18日からで全国25000台予定です。

かなり久々の冬ソナシリーズ最新作を試打してきました。

今回で4作目ですが、前作から5年ぶり、初代からだと12年も経過しています。

いったいいつまで版権持ってるんだと思ってしまいますww

それではスペックを見ていきます。

スポンサーリンク

スペック

大当り確率 1/315.1
高確率 1/39.8
確変突入率 62%
時短回数 100回
賞球数 4&2&5&6&12
カウント 8C
通常時
種別 払出し出玉 電サポ 振り分け
16R確変 1536個 次回まで 38%
2R突確 次回まで 24%
16R通常 1536個 時短100回 38%
電チュー入賞時
種別 払出し出玉 電サポ 振り分け
16R確変 1536個 次回まで 50%
2R突確 次回まで 12%
16R通常 1536個 時短100回 38%

シンプルな確変ループタイプです。

8個保留なので、ヘソ入賞の振り分けは特図1・2合算になります。

突確比率が若干高いのが気になりますが、それ以外はオール16Rで海物語のような安心スペックと言ったところでしょうか。

16Rではありますが、払い出し1536個と出玉は少なめ。2R突確はアタッカー開放時間が2.4秒×2とそこそこ長いので、タイミングよく打ち出せば100個程度は獲得できそうでした。

おそらく昔の冬ソナシリーズや仕事人ほど甘くはありませんが、決して辛いスペックではないと思います。

試打感想

機種名にリメンバーとあるように、初代冬ソナと2代目の演出をリメイク…というかほとんどそのままです。

8個保留になったので、保留変化や先読みが多彩になった感じはありますが、それ以外は全部見たことある演出でした。

当時の京楽の台はガチャガチャした演出が多い印象でしたが、今になって改めて見てみると非常にシンプルに見えましたww

演出も進化しているのか、余計な演出が多くなっただけなのかわかりませんが、年配層にはとっては、あえて昔のままの方がいいのかもしれないと思いました。

筐体はまどマギと同じ、キュウベエが飛び出すタイプです。

初動が抜群にいい台とは思えませんが、長期稼働する台になりそうな気もするので、適正台数なら導入もありですね。

京楽はこの後、7月にウルトラセブン、そのあとにAKB48と続きます。

さらにその後には

乃木坂46

という噂を聞きましたが、真偽は不明ですww

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. ぱちを より:

    冬ソナは4作目ですよ。