パチスロダンガンロンパ希望の学園と絶望の高校生(ニューギン)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は7月2日からで全国2000台予定です。

ダンガンロンパはゲームからアニメ化された版権だそうです。

ぼくも見たことあるキャラもいましたが、どんなストーリーか知りません。

最近のニューギンスロットはまともな台がないけど…大丈夫かな??

スポンサーリンク

スペック

設定 PV
ボーナス1
PV
ボーナス2
チャレンジボーナス モノクマ チャレンジ 出玉率
1 1/897.8 1/464.8 1/528.5 1/897.8 97.70%
2
3
4
5
6 1/293.9 106.3%

PVボーナス1:約209枚(ART期待度約33%)

PVボーナス2:約159枚(ART抽選なし)

チャレンジボーナス:約24枚獲得(ART期待度約45%)

モノクマチャレンジ:約30枚獲得(ART期待度約50%)

純増:約1.0枚/G

スペックはA+ARTでセット数上乗せのみのタイプです。

ボーナス合算は1/132.9~1/159.5と軽めの仕様になっていて、ART当選はボーナス経由のみとなっています。

BIG、REGが各2種類ありますが、REGはほとんどCZ的な役割と考えればいいとおもいます。

ARTはエピソードパート(15or25G)と議論パート(平均24G)で1セットとなり、議論パートで矛盾証言者を全員論破すれば次セットへ継続します。

議論パートで矛盾証言者を論破できる確率にはレベルがあり、それをセット継続率に換算すると、50%:70%:90%が1:1:1の割合で選択されます。

議論パートは全員を論破した時点で残りG数に関係なく次セットへ進みます。早いG数で論破するほど評価ランクが高くなり(ガルパンのような感じ)、特化ゾーンを獲得できる可能性が上がります。

出玉率はフル攻略時の設定1で97.7%、設定6でも106.3%しかないので、かなり辛いスペックです。

試打感想

通常時はボーナス待ちの退屈なゲーム性、ART中はエンターライズの逆転裁判にしか見えませんでした。

さらに、高設定域の出玉率も抑えられているので、プレイヤー側からするとこの台を打つメリットを感じられません。

辛いスペックなので高設定を使えるという考え方もできますが、おそらくバラエティコーナーで貯金箱になって終わりでしょう。

せっかくの版権がもったいないですね。ぼくは迷わずスルーさせていただきますww

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする