パチンコより熱い!仮想通貨バブルに乗り遅れるな!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

牙狼の新筐体がダサいと評判に

スポンサーリンク

牙狼最新作は4月か

今のところの情報では4月にパチンコ新作牙狼が登場する予定になっています。

すでに「CR牙狼GOLDSTORM翔GD-X」という型式名の機種が検定通過しています

スペックなどの詳細はまだわかりませんが、新筐体の画像だけが出回っています。

こちらです。

garo新枠

ん~wwなんとも言えない絶妙なダサさを感じさせますねww

まぁ現行の牙狼筐体が登場した時は画期的でインパクト抜群だったし、カッコ良かったです。その後、サンセイ以外の各メーカーも中身より、インパクトのある筐体を作ることにかなりの力を注いできましたが、今でも牙狼以上のインパクトのある筐体は出てきてません。それなのに牙狼自らが劣化していくとは…ww

良い点は牙狼剣役物が残っていることぐらいでしょうかww

現在の牙狼シリーズの稼働状況はというと

・CR牙狼魔戒ノ花ミドル ⇒ 良好(中古価格43万円前後)

・CRANOTHER牙狼 ⇒ 微妙(中古価格25万円前後)

・CR牙狼闇を照らす者 ⇒ クソ(中古価格3万円前後)

となってます。

魔戒ノ花はミドルになっても一定の評価を得ているので、スピンオフでもない完全な新作である次回の新作牙狼には期待してたんですが…ちょっと不安になってきましたww

ちなみに4月は北斗の拳7も出るのではと言われています。ビッグコンテンツを同時期に出されると機械代がキツいんですけど(* *)

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. 激震 より:

    これ上部のエンブレム役物とその横のランプ的なもの、多分手前に可動しますよ。
    恐らく遊技中は90度か75度くらいまで手前に傾いてくると思います。憶測ですが。

    • gennosuke より:

      最近の台は役物が派手過ぎて重量もかなりのものです。古いホールでは島が崩れるなんて噂もあるくらいなのでそっちも怖いですね。