パチンコより熱い!仮想通貨バブルに乗り遅れるな!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

押忍!番長3で全台設定6をやってみた結果

先日、イベント日に押忍!番長3を全6にしてみました。

今回はその時のデータ公開と感想を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

番長3全台設定6結果

今回の全6データがこちら!

 台番号 設定 IN枚数 差枚数 出玉率
6 24,750 -4,021 116.2%
6 26,757 -3,285 112.3%
6 24,696 -2,697 110.9%
6 25,806 -4,473 117.3%
6 23,523 -2,057 108.8%
6 26,556 -5,334 120.1%
平均 25,348 -3,644 114.4%


全台勝利!平均出玉率114.4%!

ちなみに以前、「番長3の設定6を4日間据え置きにしてみた」という記事を書いた時のデータも載せてみます。

データ 設定 IN枚数 差枚数 出玉率
1日目 6 27,050 -2,807 110.4%
2日目 6 26,845 -1,711 106.4%
3日目 6 27,293 -4,955 118.2%
4日目 6 26,319 -2,297 108.7%
平均 26,877 -2,943 110.9%

その他にも単発で投入した設定6も全部含めた、ぼくホールでの平均出玉率は…

113.1%!

ぜんぜん119%にならないんですけどww

今回の全6の中の台番⑤の台は差枚数チャラ付近のモミモミ状態から1500G付近までハマった履歴があったので、おそらく天井まで連れて行かれたものと思われます。その間に約1800枚のメダルを飲まれています。いくら設定6とはいっても純増2枚で1800枚出すのは結構大変ですから、負けてもしょうがないと思ってましたが、最終的にはプラス域まで達しました。

延台数15台ぐらいのサンプルはありますが、1台も負けデータがないので、メーカーが言ってた設定6は勝率95%というのは本当かもしれません。

ただ、万枚クラスの出玉は一度もないので、安定感がありすぎる印象。2000枚~5000枚程度できれいに同じぐらいの数値に落ち着いてしまっている台ばかりです。

番長3の設定6を使ってみての感想

導入してからここまで設定6を使ってきた感想は、もうちょっと暴れてくれてもいいんだけど…って感じですかねww

新基準機で高ベース機ともなると波乱の少ない展開が多くなるのはわかるような気がしますが、面白味がない気もしています。

逆に言えば、凱旋やハーデスのように結果を予測しにくい機種に設定6を使うより、誤爆が少ないので極端に大きな差玉にならないという計算の元で、119%にビビることなく設定6を使えるという考え方もできます。実績出玉率も119%より低いしww

設定6確定の終了画面(雫&操?)があるかもしれないという噂もありますね。さすがに自分のホールで客の後ろに張り付いて終了画面検証する訳にもいかないので、これに関しては何とも言えませんww

普段は設定2ベースで営業してますが、設定2の平均出玉率100.9%と甘めになってきました。他の店長と情報交換しても比較的甘めとの意見が多いです。低設定でも甘い機種は稼働が落ちると高設定が使えなくなるパターンに陥るので、高稼働をキープしてもらわないと困りますww

その甘さがユーザーに伝わらないのが新基準機の最大の欠点なんですがね。

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. ちばにゃん より:

    設定2が甘いとのことですが設定1がどれほど辛いのか(甘いのか)書いてもらえませんでしょうか?

    • gennosuke より:

      設定1に関しては実績で95.8%と辛めになっていますが、記事にも書いたように設定2をベースで使ってるのでかなりサンプルが少ないです。
      でも奇数設定は3も5もメーカー出玉率より低かったので、奇数は辛い傾向なのかもしれません。