フィリピンのカジノでの発砲、放火事件とパチンコ業界の関係について考える

6月2日のの出来事ですが、フィリピンのカジノで、押し入った男が銃を発砲し放火するという事件が起きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

犯人の男はギャンブル依存症!?

事件を伝えたニュースの内容です。

フィリピンの首都マニラにあるカジノ施設「リゾーツ・ワールド・マニラ」で2日未明、銃で武装した男が賭博室に放火した事件で、地元警察は、火災により発生した有毒な煙を吸い37人が死亡したことを明らかにした。事件についてはイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出したが、当局はテロ攻撃ではないと主張している。

事件が起きたのは、ニノイ・アキノ国際空港の主要ターミナルから通りを挟んだ場所にあるカジノ施設。

マニラ首都圏警察のオスカル・アルバヤルデ本部長は、「容疑者は白色人種のようだ。英語を話し、体格のよい白人であるところからみて、おそらく外国人だろう」と報道陣に語っている。

ロナルド・デラロサ国家警察長官は、襲撃犯は事件直後に火災の煙と逃げ惑う人びとに紛れて姿を消していたが、ホテルや商業施設が入居する建物内での5時間に及ぶ警察の捜索により、夜明け前にホテルの一室で遺体となって発見されたと明らかにした。同長官は「犯人は厚手の毛布をかぶった姿でベッドに横になっていた。ガソリンを毛布にかけ、自ら火を付けたようだ」と語った。

デラロサ長官や他の警察幹部は、襲撃犯はテロ行為を実行したのではないと主張し、人に向けた銃撃がなかった点を指摘。「狂った」男が試みた奇怪な強盗未遂事件だったようだとの見解を示している。デラロサ長官は報道陣に対し「これはテロ行為ではない。テロリズムにつながる、暴力や脅迫、威嚇といった要素がない」と話した。

さらに同長官は、カジノを襲撃した男は単独犯とみられ、リュックサックに1億1300万ペソ(約2億5000万円)相当のチップを詰め込んでいたと明らかにしている。

その一方、地元警察のトーマス・アポリナリオ署長はAFPの取材に対し、賭博室の床に敷いてあったカーペットのため、火がすぐに燃え広がり、火事による煙を吸引して37人が死亡したと明らかにした。

また施設から脱出しようと人びとが殺到し、数十人が負傷。デラロサ長官の話によれば負傷者54人のうち18人が病院で手当てを受けているが、それ以外の負傷者は軽傷だという。

引用元:http://www.afpbb.com/articles/-/3130583

この事件を聞いてまず思い浮かぶのは、日本のカジノで同じような事件が起こらないかという心配です。そしてその心配は、実際に日本にカジノが出来る前である現在はパチンコ業界にあてはめて考えられてしまうのが現状だと思います。

しかも、この犯人の男はギャンブル依存症で借金があったことが後になって報道されています。ということは…

今回の事件の原因はテロではなく『ギャンブル依存症』であると言わんばかりの内容です。

何があろうと日本のカジノ構想はもう止めることはできません。この事件が原因で、さらにギャンブル依存症問題が取りだたされ、更なる締めつけに発展する可能性もあるかもしれません。

現段階でその標的になるのは、確実にパチンコ業界ではないでしょうか。

今でも現場の認識と政府の取ろうとする依存症対策はズレが大きいと感じているにもかかわらず、ますます良からぬ方向に進まないことを願います。

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

コメント

  1. プロレタリアン より:

    いつも楽しみに拝読しております。日本のカジノですが、外国籍の裕福な旅行客のみを顧客にするシステムにしてほしいと思います。私たち庶民は、今まで通り慎ましくパチンコやさんで遊ぶことができれば、幸せなのです。

    • gennosuke より:

      プロレタリアンさんのおっしゃるとおりですし、政府も外国人観光客をメインターゲットに考えてはいるのでしょう。しかし、現実は日本人客も一定数獲得しなければ商売として成り立たないという資産もあるようです。カジノ誘致に積極的といわれる候補地は横浜、大阪、長崎などあるようですが、パチンコ人口が大幅に減少するとは思っていません。問題はカジノとパチンコを一まとめにされて余計な規制が増えることですね。パチンコ業界は肩身が狭いです。