パチンコより熱い!仮想通貨バブルに乗り遅れるな!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

CR哲也3玄人の頂へ(大一)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は10月2日からで全国15000台予定です(画像の赤枠は限定3000台)。

大一は前作の「CRひぐらしのなく頃に叫」が好評価で導入しているホールは良好な稼働状況となっているようです。

ぼくのホールでは導入しなかったので、率直に新台評価をミスったと後悔していますww

しばらくヒットがなかった大一にとっても、ひぐらしに続くこのCR哲也3がどういう評価を受けるかは重要だと思います。

スポンサーリンク

スペック

低確率 1/319.7
高確率 1/49.7
確変継続率 65%
時短回数 52~83回(平均70回)
賞球数 4&1&3&15
ラウンド/カウント 2Ror6Ror16R/10C
ヘソ入賞時
ラウンド 電サポ 払出し出玉 振り分け
6R通常 0回 900個 35%
6R確変 0回 900個 15%
6R確変 次回まで 900個 49%
16R確変 次回まで 2400個 1%
右打ち時
ラウンド 電サポ 払出し出玉 振り分け
2R通常 平均70回 約75個 35%
2R確変 次回まで 約75個 3%
16R確変 次回まで 2400個 62%

2400個大当りの比率が高い北斗7のような尖ったスペックとなっています。

潜伏があるのは初回のみ(演出で判別可能)ですが、高確率でも約1/50なのでここでハマると900個の出玉はなくなり、追加投資になる可能性も十分ありますね。

アタッカーはダブルアタッカーでほとんど玉こぼれがなく消化できます。特徴的なのは右打ち時に3個賞球のポケットにかなり入賞するので、16Rだと払出し出玉で2600個~2700個程度になります。ぼくが試打した時は2650個の払い出しになりました。

ただし、ここは調整しようと思えばできるのでホール次第でしょうかww

2R当りの出玉が約75個となっているのは、アタッカーは1.8秒開放×2なので平均5個程度しか入賞しないからです。これは以前も記事にした1.8秒規制という内規に沿った仕様です。

試打感想、PV

かなり北斗7を意識して作った感じがしますが、初当り通常の時短なしや潜伏がある分、トータルすると北斗7より辛いのスペックです。

演出的には…まあ普通です。サイコロ役物がやたらと回るのでちょっとうっとうしいですww

10月2日導入の機種は今のところ大海の甘デジぐらいしかないので、これを導入するホールは多いと思います。「ひぐらしのなく頃に叫」で実績を出しているので15000台とちょっと多めの販売台数ですが多分売れると思いますね。


ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする