パチンコより熱い!仮想通貨バブルに乗り遅れるな!

最速!戦場のヴァルキュリア(サミー)試打感想【スペック、導入日】

導入日は2月5日からで全国3000台予定です。

サミーの新台「戦場のヴァルキュリア」を最速で試打してきました。

ゲーム版権でスマホゲームとのコラボなどでもよく見るコンテンツなのでそこそこ人気のあるゲームなんだと思います。

どこのメーカーもギリギリで5.9号機を保通協に持ち込んでるようですね。そろそろまともな5.9号機が出て来てくれてもいいと思いますが…あまり期待しないで見てみましょうww

スポンサーリンク

スペック

設定 ボーナス合算 出玉率
1 1/119.8 97.5%
2 1/116.4 98.8%
3 1/113.6 100.3%
4 1/104.2 104.0%
5 1/96.5 107.0%
6 1/88.4 112.1%

純増約1.0枚(ボーナス込1.5枚)

BIG獲得枚数:252枚

MB獲得枚数:70枚

REG獲得枚数:42枚

天井:なし

A+ARTですが、ボーナスはほとんどが70枚or42枚と少なめなのでARTを主体としたゲーム性です。

現状では合算確率しかわかっていませんが、BIG確率はかなり低いようです。

通常時はレア役で高確率状態(有利区間)に状態を上げ、そこでボーナスを引くことでARTを目指します。

ARTの突入契機はボーナス経由のみなので、バジリスク絆タイプですね。

突入率はMB63%、REG11%らしいです。この数値が高確で引いた場合なのか、低確も含めた数値なのかは不明です。とりあえずREGからのART突入は期待薄のようです。

赤7BIGは獲得枚数252枚と最も多くなっていますが出現率はかなり低いようでART突入率も52%と特別な恩恵もない模様。フリーズは赤7BIGが確定でスペシャルエピソードBIGとなります。

ART「ガリア戦記」は必ず「進撃ラッシュ」という麻雀格闘倶楽部の黄龍ラッシュみたいな塊図柄を狙うタイプの特化ゾーンからスタートし、平均100Gの期待値があります。

最強特化ゾーンである「最終決戦」は1セット20Gが最大98%ループらしいです…そんなにループしたらそれだけで有利区間が終わってしまうような気がしますがwwとりあえず期待値1000枚程度あるようです。

5.9号機なので当然有利区間1500Gに到達すればエンディングが発生してARTは強制終了します。

ART中はシングルを回避して打つ必要があり、万が一シングルが入賞してしまった場合はペナルティとして次回ボーナス成立までATに転落するという悲惨なことになるので注意してくださいww

試打感想

純増1枚のART機って打つ意味があるのかというところがまず問題だと思いますww

特化ゾーンスタートで平均100Gスタート、ARTの2回に1回は300G以上継続に期待できるとアピールしていましたが…獲得枚数を計算してはいけませんねww

戦場のヴァルキュリアが好きで純粋にARTを楽しみたいという方はいいかもしれませんが、普通の方は物足りなさがハンパないと思います。

演出の好き嫌いは別にして、スペック的には5.9号機と言えどももうちょっと何とか出来ただろうと思ってしまいます。

各メーカーとりあえず5.9号機で販売できる機種をストックしておくために、かなり妥協したスペックで保通協に持ち込んでいると思います。

これはプレイヤーの満足度より、メーカーは目先の利益を優先しただけの行為なので、そんな台が受け入れられることはないでしょう。

導入は見送って出玉を還元した方がましですねww

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする