A-SLOTツインエンジェルBREAK(サミー)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は10月15日からで全国2000台予定です。

ツインエンジェルシリーズ最新作を試打してきました。

今回はA+ARTではなく、A+RTのA-SLOTシリーズとして登場です。

スポンサーリンク

スペック

設定 SBB+HBB BIG MID
1 1/520.1 1/481.9 1/442.8
2 1/496.5 1/468.1 1/431.2
5 1/455.1 1/442.8 1/399.6
6 1/409.6 1/420.1 1/364.1
設定 ボーナス合算 出玉率 フル攻略時
1 1/159.8 98.0% 100.4%
2 1/154.6 99.5% 101.9%
5 1/143.7 104.3% 106.8%
6 1/132.1 108.1% 110.6%

SBB:最大311枚(RT突入率80%)

HBB:最大259枚(RT突入率80%)

BIG:最大207枚(RT突入率50%)

MID:最大103枚(RT突入率50%)

ベース:約35G

RT:30G/1セット

純増:約0.2枚/G

天井:通常時777G消化でCZ突入

ボーナス後は必ずCZに突入し、白7が揃えば30GのRT突入、白7より先にベルが揃うと転落となります。

RT消化後は再度CZに突入し、継続率は約50%です。

通常時も777GハマりごとにCZに突入しますが、ボーナス確率が軽いので狙えるチャンスは少ないかもしれません。

一応は設定1でもフル攻略で出玉率100%オーバーとなっています。

フル攻略出玉率は、実質不可能な部分もあり、あまりあてにならないことも多いので参考程度にww

この台の技術介入は通常時の小役フォロー、ボーナス中のビタ押し(1回のみ)、ボーナスを最速で揃えるぐらいしかないので、誰でも遊びやすいスペックぐらいにはなっているかもしれません。

フリーズはSBB確定ですが、RT突入が確定するものではないので、レア演出が見られた程度のものですww

試打感想、PV

演出は前作のツインエンジェルブレイクor前々作のツインエンジェル3のモードを選択できますが、内容的にはほとんどそのまま焼き直したものです。

スペック的にもART→RTとなり、RTのロング継続に期待できる仕様でもないので、よりマイルドになっているといった印象です。

わざわざ新台価格で劣化版を買う必要もない気がするので、前作のツインエンジェルBREAKを再導入しても結果は変わらないのでは…とぼくは思いますねww

マイスロの内容とかは増えているみたいなので、熱狂的ファンが多いホール以外はスルーでいい台だと思います。


ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする