CR緋弾のアリアAA(藤商事)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は11月5日からで全国12000台予定です。

アリアシリーズ最新作を試打してきました。

AAというのは型式名だと思っていましたが、「緋弾のアリアAA」というスピンオフ作品があるらしいです。

スポンサーリンク

スペック

低確率 1/319.69
高確率 1/4.95
ラッシュ突入率 58.3%
ラッシュ継続率 約85.3%
電サポ回数 2回~6回
賞球/カウント 4&1&3&7/10C
通常時
ラウンド 出玉 電サポ回数 割合
8R 706個 6+4回 58.3%
15R 1330個 0回 41.7%
右打ち時
ラウンド 出玉 電サポ回数 割合
13R 1151個 2+4回 9.9%
3+4回 50.7%
4+4回 19.7%
5+4回 13.1%
6+4回 6.6%

1種2種混合のシンフィギアタイプです。

電サポ回数が振り分けによって変動するので、継続率は一定ではないという特徴があります。6~10回転の高確率中に1/4.9を引いて連チャンさせていく仕様です。

最低回数の2+4回時は継続期待度が約77%、最高回数の6+4回時は継続期待度が約93%となります。電サポ振り分けも考慮したトータル継続期待度が約85.3%です。

初当りからのRUSH突入時は必ず6+4回の電サポ確定なので、高確率で連チャンに繋がります。

シンフォギアより初当りが重い分、初回突入率と継続率が高く、トータル出玉期待値も通常のミドルスペック並みかそれ以上の数値となります。

RUSH時の高ループ率はこのスペックでしか作れないので、継続率だけ見れば現役機種でも最高峰です。

試打感想、PV

過去のアリアシリーズも安定して稼働していたイメージがあるので、熱狂的なファンがいるんでしょう。

高確率中は仲間が集まり、集まった人数=バトルストック回数=電サポ回数となるので、人数が多ければ多いほどチャンスということになります。原作を知らなくても楽しめそうな演出の見せ方になっていると感じました。

同時期の導入開始されるミドルスペックはバイオハザード、究極審判などがありますが、出荷台数とのバランスからも、アリアAAが最も稼働貢献してくれそうな機種だと思いました。

欲を言えばミドルではなくライトで出してくれれば鉄板だったのではないでしょうか。


ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする