PハイスクールD×D(西陣)試打感想【スペック、導入日、PV】

導入日は5月20日からで全国5000台予定です。

西陣の新台「PハイスクールD×D」を試打してきました。

以前KPEからスロット化されていましたが、パチンコでの登場は初ですね。

今回はミドル、ライト、設定付ライトの3スペック同時販売になります。

スポンサーリンク

スペック

【ミドル】

大当り確率 1/319.69
高確率 1/82.23
転落確率 1/374.41
確変割合 初回50%、右打ち100%
電サポ回数 100回or100回+α
賞球数 4&1&3&12
カウント 10C
ヘソ入賞時
種別 払出し出玉 電サポ 振り分け
10R確変 1200個 100回+α 50%
6R通常 720個 100回 50%
電チュー入賞時
種別 払出し出玉 電サポ 振り分け
10R確変 1200個 100回+α 50%
4R確変 480個 100回+α 50%

V確変の転落抽選タイプです。

今回はミドルスペックを例に解説していきます…と言ってもよくある転落タイプなので特にむずかしいゲーム性ではありません。

初回確変突入率は50%ですが、高確率時1/82.2に対して転落確率1/374.4なので、実質継続率換算で約85%(時短引き戻し込み)になります。

100回転までは電サポ保障があるので、それまでに転落していた場合は、内部的に時短状態になり、100回転消化で終了します。

101回転目以降はバトル敗北=転落となります。

旧規則機の65%規制では電サポ中に当っても通常抜けを一定比率設ける必要がありましたが、この台では電サポ中の当り=次回確変確定となります。

ちなみの同時販売のライトスペックはこんな感じです。

【ライト】

大当り確率 1/199.20

高確率 1/89.65

転落確率 1/160.20

出玉 468個(50%)or1170個(50%)

【ライト設定付き】

大当り確率 1/183.06〜1/219.18

高確率 1/1/99.75〜1/119.37

転落確率 1/209.33(全設定共通)

出玉 468個(50%)or1170個(50%)

試打感想、PV

おそらくメインで導入されるのはミドルスペックになると思います。

85%継続で半分が出玉1200個ならそこそこヤレそうな気がしますが、西陣の台はいつも辛いですね。

演出は西陣らしくないカッコいいバトル+お色気系なんですが、最後に降りてくる役物がちょっとダサいのが勿体ないですね。その辺りは西陣クオリティということで…ww

バトルのガチ信頼度を%で表示する演出があるんですが、すでに結果が決まっているものに対して「ガチ信頼度」っておかしいと思いますがww

5月の後半の新台はこのハイスクールD×Dと藤商事の緋弾のアリアが中心になると思いますが、どちらもメインを張れる機種ではないのです。

しかし、6月は入替自粛地域がある影響などで、ほとんど新台が販売されない可能性があるので、売上を稼ぎたいホールは導入してくるのではないでしょうか。

ランキング応援お願いします!

パチンコランキング

スポンサーリンク

シェアする