パチンコより熱い!仮想通貨バブルに乗り遅れるな!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

本当に最後の119%機種 魁!男塾 (ユニバーサル)試打感想【スペック、導入日】

9月のスロット新台ラッシュで登場する機種をまとめた記事を先日書きましたが…

9月怒涛のスロット新台ラッシュを全機種評価してみる~前半~

9月怒涛のスロット新台ラッシュを全機種評価してみる~後半~

そのほとんどがスルーでも問題ないと思われるクソ台だと思いますが、9月後半の新台の中で唯一まともと思われる(再販の聖闘士星矢は除く)のがユニバーサルの『魁!男塾』ではないでしょうか。

5号機最後の119%機種は、もしかしたらスロットの歴史上最後の119%機種になるかもしれませんww

スポンサーリンク

スペック

設定 BIG ART 出玉率
1 1/1057.0 1/347.8 98.3%
2 1/1040.3 1/336.3 99.4%
3 1/1024.0 1/317.5 101.5%
4 1/1008.2 1/291.9 104.0%
5 1/963.8 1/237.9 110.5%
6 1/910.2 1/195.6 119.1%

純増:1.8枚(ボーナス込)

ベース:約39.7G/50枚

BIG:約200枚獲得(ART期待度33%)

天井:1000G(ボーナス&ART間)

リアルボーナスの確率が重い、ART偏向型のA+ARTスペックです。

通常時はボーナス経由、レア役経由、CB(約1/20)を5回引くごとに抽選されるCZ経由でARTを目指します。CZは期待度(25%~75%)の異なる3種類があります。

ARTはゲーム性の異なる1stステージと2ndステージに分かれていています。

1stステージはエピソード+最低10Gのバトルが4試合あり、成立役で攻防を繰り返すガチバトルタイプです。

試合毎に勝利期待度が異なり、1試合目70%、2試合目60%、3試合目65%、4試合目77%と勝てそうで勝てない絶妙な確率ですww

4試合目まで勝利すると2ndステージに移行し、バトルに勝利することでG数上乗せやセット数上乗せ、特化ゾーンを獲得しながら試合を継続させていくゲーム性に変わります。出玉を伸ばすには2ndステージ到達が必須です。

聖闘士聖矢のような突破型の2段階ARTと思っていいかもしれません。

フリーズはBIGが超BIGに昇格する時に発生し、消化中のG数上乗せ、消化後は特化ゾーンスタートなどの恩恵があり、期待獲得枚数は約2700枚と高めです。

試打感想

なんとなくバジリスク絆を意識した演出が多い気がしました。

ドンちゃんや、ゴッド、ハーデスが登場するプレミア演出も多くあるようで、中には設定示唆になる演出や6確定演出もあるようです。

通常時のCB回数は液晶上で確認できるので、回数によっては狙えるかもしれませんね。

試打中に中段チェリーを引きましたが、上乗せ+ボーナスだけだったので、フリーズ確定とかではないようです。

トータル的に悪くわないけど良くもない、アカギを見たときと同じ感覚でしたww

少台数を導入して様子見で十分な台だと思いますが、バラエティでは119%のポテンシャルを活かせないので、どっちにしろ抜群に高稼働な台にはなれないと思います。

しかし、来年2月の規則改正以降、高射幸性機が撤去された後も最後まで設置可能な119%機種であることは間違いないので、将来的には需要が出てくる台ではある気がします。

ランキング応援お願いします!

スポンサーリンク

シェアする